胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎など、消化器の炎症の治療にも討ち入られているネキシウムという薬があります。普段から健康な人には聞き慣れない薬の名前ですが、消化器系の炎症の症状に悩まされている人にとってはネキシウムとはどんな治療薬で、どういった効果があり、副作用はどうようなものが考えられるのかという点は大変興味のある部分です。

胃潰瘍の症状とはどんなもの?

胃潰瘍の症状とはどんなもの?

胃潰瘍は胃液によって胃壁が浸食されることで生じる病気で、その症状としては、差し込むような胃の痛み、胸やけ、酸っぱいげっぷ、食欲減退、背中の痛みなどが挙げられます。
また、痛みが生じるのは食後が多いのですが、空腹時に痛くなることもあります。
さらに症状が進んだ場合は、吐き気や嘔吐、下血などが起こることもあります。
このような胃潰瘍の原因として、よく言われるのがストレスです。
でも、それ以外にもアルコールの過剰摂取や喫煙、非ステロイド系の鎮痛剤の服用なども胃粘膜の防御力を弱めるので、この病気を引き起こす可能性があります。

また、胃潰瘍の原因となることのある薬剤としてはステロイドも挙げられます。
ステロイドは免疫疾患などの病気に大きな効果を持つ薬剤とされていますが、その一方で胃酸の分泌を活発にすると同時に胃粘膜を弱くするため、胃潰瘍の原因になる可能性があります。

また、胃潰瘍には急性胃潰瘍と慢性胃潰瘍の2種類があり、急性の場合にはいくつもの原因がありますが、慢性の場合の多くはピロリ菌が原因になっていると考えられます。
ピロリ菌は胃の粘膜に炎症を起こし、胃潰瘍だけでなく胃がんの原因になる可能性もあります。
そして、この菌は多くの成人にあると言われているので、胃潰瘍の予防のためにはピロリ菌の検査や除去も有効になると言えます。

以上のように、胃潰瘍の場合はストレス以外にも様々な原因で生じることが考えられるので、普段から気をつけることが必要です。
そして、少しでも可能性があると思える場合には、できるだけ早く病院に行き、胃潰瘍かどうかを調べてもらうようにした方が良いでしょう。

また、胃潰瘍の予防としては規則正しい生活や十分な睡眠、食生活の改善なども効果があると考えられます。
そして、特に食べ物に関しては胃の健康に直接影響が出やすいものなので、少しでも胃の痛みやおなかが張るなどの症状が出た場合は消化の悪いものは避けて、バランスの良い食生活を心掛けることも大切です。

胃潰瘍と症状が似ていて間違えやすい病気

胃潰瘍には様々な症状がありますが、これらと同じような症状を持つ他の病気もいくつかあります。
そんな病気としてまず挙げられるのが胆石症と胆嚢炎です。

胆石症は胆嚢などに石ができるもので、みぞおちあたりや背中に痛みを感じることがあります。
さらに、吐き気や嘔吐が生じることも考えられます。
胆嚢炎の場合は無症状の場合も多いのですが、症状が出る場合はおなかの上部に痛みが出たり、嘔吐や吐き気が起きることがあります。

さらに胃潰瘍に似た症状としては、胃ガンが挙げられます。
胃ガンの場合も特に初期の症状としては胃の痛み、胸やけや胃の不快感など、胃潰瘍と間違えられるような症状が出ることがあります。
さらに進行した場合の吐き気や嘔吐、下血などは胃潰瘍が進行した場合にも出ることのある症状なので、その点でも間違われる可能性が高いと言えます。
ただ、胃ガンでは胃潰瘍のように食後ではなく、いつでも痛みが出やすいのでその点での違いはあります。

以上のように、胃潰瘍には症状が似た病気がありますが、これらが胃潰瘍ではないとはっきりと分かるためには、検査が必要です。
また、胃潰瘍自体も早めに発見して治療せずに放置しておくと、胃に穴が開いて腹膜炎を引き起こし、激しい痛みを感じる可能性が出てくるので、それを避けるためにも検査を行った方が良いでしょう。
胃が少し痛んだり調子が悪いということはよくあることですが、胃潰瘍は40代以上の人に多いと言われており、この年代はピロリ菌が原因となる慢性胃潰瘍の可能性も高めなので、少しでも不安がある場合は病院を受診することをお勧めします。
それによって、胃潰瘍が発見できるかもしれないと同時に、この病気の予防に関しても、その人に合った具体的な予防方法を教えてもらえる可能性があるからです。